ドライブマネージャー~共有ドライブ運用サポートサービス~

サービス概要

ドライブマネージャーは Google™ ドライブ(共有ドライブ)を運用する上で発生する課題を解決するためのサービスです。 共有ドライブの運用状況を可視化したり、運用ワークフローの構築をサポートします。 また、ドライブマネージャーには、 Google ドライブ上に存在する共有ドライブと同期する機能があります。同期処理を行うことで、ドライブマネージャーの利用者は専用のWebコンソールから社外共有中の共有ドライブを目視で確認できるようになります。

解決する課題

① 共有ドライブの利用状況を可視化

Google Workspace の管理ダッシュボードを利用すれば、管理者は共有ドライブの保存容量を確認することができます。しかし、その共有ドライブが実際に運用されているのかまでは判断することができません。 ドライブマネージャーは、 Google Workspace のダッシュボードでは確認できない情報(保存されているファイル・フォルダ数、最終更新日時、社外ユーザーとの共有有無)を確認することができます。

② 共有ドライブの運用にワークフローを適用する

Google Workspace の一般ユーザーに共有ドライブの作成権限を付与する場合、管理者が把握できないところで、共有ドライブが乱立する可能性があります。 ドライブマネージャーを利用すると、共有ドライブの作成・削除申請のワークフローの構築を行うことができます。

③ 共有ドライブの権限を一括更新

共有ドライブを部署単位で運用している場合、部署移動が定期的に発生します。 その場合、 Google Workspace の管理者は権限更新を定期的に行う必要があり、これは非常に手間のかかる作業です。 ドライブマネージャーには、既存の共有ドライブの権限をCSVから一括で更新する機能をサポートしており、この機能を利用すれば 管理者は共有ドライブの定期的な権限更新の作業から解放されます。

© Yoshidumi, Inc. All Rights Reserved.
Cmosyは吉積情報株式会社の登録商標です。
STORM(R)は、株式会社TBSテレビの商標です。
Google 、 Google Cloud 、 Google Cloud Platform 、G Suite 、YouTube 、GMail 、Google Maps は、Google LLC の登録商標または商標です。